26歳から腰痛に悩まされるようになった私が取った選択

とても腹の立った事は、とある部署に配属が決まり初日に先輩が退社し引き継ぎも何も一切ない状態でのスタート。他の先輩社員達も見てみぬふりで1人で全てこなさないといけない状況になってしまいました。初めは何とかがんばろうと一生懸命分からないなりにやっていてある時に上司が来て大分慣れたよね。これからも1人で頑張ってねと言われました。酷い時は12時間ぶっ通しで作業しないといけないくらい忙しいのに手伝いもせず、頑張ってねと他人ごとみたい言われた事に腹が立ちました。それから我慢しながら働いていました

とても忙しい日も何とかこなしていて、自分のペースで完璧に作業を終わらせる事に達成感などを味わえる様になってきました。もっと効率的に改善などしてみて失敗しながらも一つ一つ成長しているのが分かって仕事も面白くなり始めました。そんな時に上司から、君は勝手な事をするからみんな困ってるよ。どうするの?と言われました。なぜそんな事を言われなきゃいけないのか疑問だらけでした。1人に押し付けておいてと思いながら我慢して謝りました。それでも納得できるわけも無く会社をやめてほしいやりました。
僕が悩んでいるのは、腰痛です。26歳くらいの時から重い物や中腰の姿勢での仕事をしており、かがんだり座る時などビリっと電気が走るような痛みに襲われます。そして最近では立っていても同じ姿勢を保っていると疼くような痛みに襲われます。
ストレッチなどもしていますがあんまり効果がありません。病院に行って注射や電気治療をしていますが、1日くらいすると痛みが戻ってきます。

酷い時は、寝る時に痛む症状で寝れないというのが1番きついです。同じ体勢を維持すると症状が出てくるのでこまめに体勢を変えながら仕事をしないといけないのが困る。
一回痺れ出すと当分は動けなくなり、仕事どころではなくなる。仕事を変わろうにも腰を痛めているので転職してもあまり改善が見込めないのが辛いです。
でも、やっぱり1番は寝る時に痛いのがとてもつらいです。
次の日に疲れを持ち越したくないのに痛みのせいで全く寝れないのは、本当に困ります。次の日仕事のミスに繋がってしまうのが怖いです。

一番心掛けているのはストレッチ対策です。身体の筋肉の緊張を和らげる効果があるので、毎日するように心掛けています
病院で電気治療で痛みを和らげたり整体などで身体を揉みほぐしてもらったり、針治療も経験したことあります。ですが、1番効いたのは病院での、神経根ブロック注射です。神経に直接注射するので効果が大きいそうです。
注射後は半日足が痺れて動かなくなりますがやった甲斐があり、以前よりは痛みの症状が改善されてとても楽になりました。
ただし、頻繁に注射は打てるものではありませんから、他の対策として最近始めたのが、リョウシンjvという医薬品です。
この医薬品は腰痛への効果が認定されているという事で、試しに今つかっている所なのですが、リョウシンj錠でさらに腰痛が改善すれば嬉しいと思っています。

アルバイト先で激怒!クレーマー金髪女とのトラブルとは?

私が最も腹が立ったことは、とにかくバイト先での出来事に限ります。普段、バイトは楽しむというより義務的な感じで仕方なくやっているのですが、ひたすら『死ね』と言ってくる中年の金髪女性に遭遇した時は腹が立ちながらもなんとかスルーしようとレジを簡単に済ませたのです。

何にキレているのかもわからず観察してそのまま帰ってしまいましたが原因は謎でした。しかし、最も腹が立ったのはこの後の出来事です。なんとクレームが入りなんだと思ったら、私がその女性に死ねと申したと言っていたのです。
レジである私が死ねと客に言う訳も無くむしろ死ねと聞こえたとしても初対面の私に馬鹿みたいに死ねと暴言を繰り返すなど常識的に考えて逸脱しているのはその女性の方ではないですか。

しかし、マネージャーからは反省し声掛けを気をつけるようにと言われとても納得がいきません。明らかに変人であるのは明確な時、驚きで声が出なく、その結果、ごもったいらっしゃいませが死ねと聞こえてしまったという結論になりましたがこんな知能が低い人に遭遇したのは初めてでした

私は16歳の頃から眼精疲労の症状に襲われてしまっています。特にスマホやテレビを観ている時に目の奥がギュッと。硬くなっているような感覚に襲われずっと観ていることは大変になっています。

メガネをかけて授業を受けている際にも、目に力が入ってしまいそれが長時間続いてしまうのでその分、目に疲労感をひどく覚えます。
その際、目薬や指でマッサージなどをしてその場凌ぎはしますがやはり帰宅してみると1日分の疲労感に目が襲われしまいます。眼精疲労による症状は特にスマホを観ている時に困ることです

自分はスマホで動画を長時間見たりするのですが目に疲労感を覚えながらも観続けるしかないので不快に思ってしまいます。また、大学においては教室がとても大きいので黒板の字が見えづらく目を凝らして見るとこれもまた目に負担をかけてしまっているようで疲労感を覚え集中が難しいことにはとても困ってしまっています。

メガネの度は合っているものの何故か使用すると目が。違和感を覚えてしまいます。眼精疲労の症状を緩和するために目を休ませる、休息させる時間を設けることにしました。

特に対策として目の血流を良くするために温感アイマスクを使用し目の凝りや血流を良くしてそのまま眠りについています。また、目薬なども使用してとにかく目に良いことを心掛けています。すると、効果があったのか以前よりも目の凝りは解れ前ほど苦しむことは無くなりました

またサプリメントでビタミン剤を取り入れて内側からも良くなるように心掛けていた時期もあったのですが、まるで効果が無かったので、このままではいけないと思い、インターネットで調べていたところ、眼精疲労に良いリョウシンJVという医薬品を発見しました。このリョウシンJV、富山の医薬品という事で非常に口コミも良い商品でしたから、私も使う事にしましたが、リョウシンJVを使いだしてから、眼精疲労がとてもよくなった気がして感動しています。

警察官の女房のついた嘘がえげつなくて悲しい気持ちに

最も嬉しかった事は赤ちゃんを出産した事。すごく寂しい気持ちで1ヵ月も早くの急な陣痛だったので余計に出てきてくれた時は嬉しくてたまりませんでした。

最も腹が立ったことは旦那の元職場の女性が旦那の名前を勝手に出して自分の旦那に嘘をついて家庭に迷惑を書けられたことです。今でもその事は腹が立っています。まだお腹に居る時で食事が全く口に出来ずに3日か5日たってしまったので謝って欲しかったのに逃げたので余計に腹がたちました。警察官の子供はこんなものかと呆れました

最も笑った事は生まれた子が満面の笑みで笑ってくれるようになった事です。ある日突然ニコーっと笑ったので目が見えてきたんだなぁと思い手遊びとかをやってるとすごく笑ってくれてみんなで喜び寝ている時に引き笑いをし始めた事に夫婦ですごく笑ってしまいました。


最も悲しかったことは日に日に旦那の仕事終わりの時間が遅くなることです。次から次に時間の遅い方の作業に回され全く意見も聞いてくれないで休みも安定してなく旦那がイライラする様になり最近は夫婦でちゃんと笑えなくなってきてしまっている事がすごく悲しい。
また元の笑顔の家庭に戻りたい

私が悩んでいる症状は偏頭痛と頭痛です。偏頭痛は18歳頃から頭痛は16歳頃から、肩凝りをよくするので頭痛はそのせいだと自分でもわかり病院に行ったのですが「若い」という理由だけで何もしてもらえませんでした。それが募ったからなのか高校を卒業した頃偏頭痛が始まり総合病院に行き薬を貰って飲みました。

しばらくして偏頭痛は治まりこなくはなったのですが子供を産んでからまたちょくちょく症状が出てくるようになりました。やはり頭痛も偏頭痛も肩凝りの時が1番ひどく感じます。

偏頭痛は頻繁では無いですが問題は頭痛の方です。子供2人を育ててる中で喜怒哀楽もありバランスが崩れると頭痛の症状が出てきて起き上がると痛くてとても家事が出来る状態では無くなるため困る。症状が出ても子供が泣けばどうしても起き上がらなければならないし少し遊んであげないと寝ないのでゆっくり身体も休められない状態のまま市販の鎮痛剤などで少し楽にしながらというのがつらい。

夏休み中など長期の休みがある時などもお出掛けに連れて行ってあげないとと思いながらも途中で頭痛がきて運転が出来なくなる怖さもあって中々、外出の勇気もでずに子供は体を持て余して家で騒いでしまうからつい怒ってしまい余計に頭痛がひどくなって困る。対策は少しでも空いている時間があれば肩凝りを改善するストレッチをしてみたりツボ押しをしてみたりマッサージをして身体全体の凝りをほぐすようにしている

出来れば整骨院や整形外科などでリハビリやマッサージをしに行きたいが子供が小さいしお金をかけてられない為、自分で何とか出来るだけの事をしている。本当にひどい時は肩凝り用の湿布をつけたり頭痛ならという事でロキソニンやEVEなどの鎮痛剤を飲んでいたけれど、今はズキラックというサプリに切り替えた。ズキラックならサプリメントだから副作用を気にしなくてよいからです。

効果については自分で蒸しタオル後にリンパマッサージをするだけでも血流が良くなる為少しは楽になっている。湿布などの肩凝り用のものに関してはまだそれ程、凝りがほぐれたという実感をわいたことがないです。

理不尽な上司への怒りと決別に向けての決意

私が今年一番悲しかったことを紹介します。
それは、一緒に暮らしている祖母が転んだ時に、その大変さを会社の上司に理解してもらえなかったことです。
祖母が転び、立ち上がることも難しい状態でしたので、私は3日間ほどお休みをいただきました。
その時、上司は理解したような言葉を私にかけてくれていたので、私は理解してもらえていると感じてしまっていました。
しかし、3日間のお休みの後、久しぶりに出勤してみると、「相談がある」と呼び出されました。


すると、上司は私に向かって「おばあちゃんのことで今回みたいに休むことが今後もあるなら、辞めてもらった方が会社のためだ。」と言ったのでした。
まさかそんなことを言われるとは思ってもみませんでした。
会社に迷惑をかけたことは、それはそうかもしれませんが、その上司の発言で、家族と自分が大変な時に、周りが助けてくれる環境にいないことがわかり、とても悲しい気持ちになりました。
その会社はもう辞めることを決めいまは別の仕事をしています。

私は、半年以上前から右手の親指と人差し指のしびれの症状がでています。
その2本を触ると、ビリビリとした痛みが感じられます。
しびれの出だした初めのころは、仕事が手につかないほどの痛みが右手にありました。
ズキズキ・キリキリとした痛みで、脈を打つようなリズムでした。
常に痛むわけではなく、規則性はありませんでしたが、痛み出すと他のことが手につかなくなりました。
その間は、右手の握力が少し下がっていました。
ひどい痛みがなくなったあとも、右手の違和感が残ったまま半年ほど経ちました。

親指と人差し指に触るとビリビリと痛み、その症状は特にひねったりするときに強く痛みを感じます。
そのため、ペットボトルのキャップを開けることが難しくなりました。
ひとりでは開けられないこともあるので困ることもあります。
ペットボトルのキャップはギザギザがついていることが多く、そのギザギザのおかげで痛みがより強く感じられるのだと思います。
他には、重たい荷物を持つ際など、細い紐が指に食い込むと痛いので、右手で持つのは少しだけ不便さを感じています。

ひどく痛みを感じていた時、その痛みから解放されたいという気持ちから病院にお世話になっていました。
症状を説明し、痛みの対策として神経に効くお薬を紹介してもらいました。
その薬はリョウシンJV錠というものでしたが、口コミを見てもなかなか評判がよかったので、こちらを見て良さそうだと思い使ってみる事にしたのです。

リョウシンJV錠は口コミが凄い?その理由と真相を究明しました。
処方してもらった痛み止めは、即効性のあるお薬ではなく、その薬の成分が体内にある程度の濃度になって初めて効果が現れる、というものでした。
いただいた痛み止めを飲み始めて2週間ほど経ったころから、徐々に痛みは減っていき、仕事でも日常生活でもそこまでの不便さを感じることはなくなりました。

 

最近の老人と若い者、どっちがひどいのか


これといって、嬉しいことは、ありません。人と関わらない仕事なので、ストレスもたまりませんし、悲しかったこともありません。
人間とかかわると、ろくなことしか、起こりません。
ただ、人間は必ず、年を取ります。
わたしが、若い時、一緒に働いていた人は、すでに亡くなっています。
わたしが、20代だったころ、40代だった人は、定年退職です。
今、40代なって、周りが年下の人が多くなりました。
お悔やみ欄に知っている人が亡くなったのを見ると、一つの時代が終わった感じです。
腹が立つのは、少しだけあります。
高齢者ドライバーの危険な運転とゆとり世代の無知さです。
高齢者は、運転を控えて欲しいです。

こっちが、怖くて運転するのが、嫌になりました。
もらい事故が多くて、本当に止めて欲しいです。
それと、ゆとり世代の知識の無さです。
話しが、ぜんぜん合いません。
自分の若い時より、はるかに酷いです。
若い人を見て、イライラしたら、自分も年を取ったんだなぁ~と思いました。
腹が立ったのは、これくらいですかね。

原因は、分かりませんが、左肩の関節痛に、なってしまいました。
ぶつけたわけでもなく、痛みが、取れません。
症状は、普段は痛くありません。
そのうち、治るだろう?と思ってましたが、なかなか治ってくれません。
47歳になったので、あちこち故障してくるのは、しょうがないですが、こんなことは、初めてです。
人間の体は、両方とも痛くは、ならないそうです。
右手があるので、なんとかなりますが、痛い箇所があると、気になってしまいます。
体を使う仕事では、無いので、助かってます。
左腕が上に上がりません。
背中に手が回りません。
この年になって、関節痛と言う意味がわかりました。

若い時は、無縁だったので、なんのことやら?と言う感じでした。
困ることは、横になって寝れないことです。
体重が、左腕に、のしかかってきます。
医者に診てもらうほどでも、ないので、困っています。
背伸びした時や、腕を内側にたたんだ時、一時的に痛みが走ります。
少し経つと、治まります。
関節痛を治すのに、効果が出るのは、リョウシンjvです。
リョウシンjvの口コミを見て、使ってみたいと感じたのが始まりでした。
関節が柔らかくなり、血流が良くなります。
ぶら下がり健康器具があったので、試してみましたが、左肩に激痛が走りました。
右手一本では、ぶら下がれないので、あきらめました。
前は、一分くらい、ぶら下がっていたので、良くなったら試そうと思います。
対策として、お風呂でもみほぐす、血圧を下げる薬を飲むなど、してます。
関節痛になる原因は、運動不足と水分量が足りないことですね。