ヒカキンのツイッターや動画・年収や本名・マイクラなど紹介

日本ではもはや誰もが知っているとさえいえる「ヒカキン」は、ユーチューバーとして代表的な存在といえます。
ここでは、そんなヒカキンの凄さをまとめてみました。

ユーチューバー(Youtuber)とは、YouTubeを利用して生計を立てる人のことで、増加傾向にあります。

YouTubeで動画を観るときには広告が出るため、その広告の収入の一部は動画を配信している人に還元されます。
1回再生しても広告収入としては微々たる金額ですが、人気動画になれば1本あたり何千~何億回も再生されます。

そのため、自作の面白い動画をなるべく多くアップしておけば、たくさん再生され、その広告収入で生計を立てることができるのです。
いわゆる、自分の好きなことをしてお金を稼いでいるといえます。
そのような夢みたいな生活を行っている人たちが“ユーチューバー”なのです。

YouTubeにおける人気バロメーターは、「チャンネルの登録者数」です。
たくさんの人気ユーチューバーがいる中で、特にずば抜けて人気があるのが今回紹介している“ヒカキンさん”です。

ヒカキンさん自身が保有しているチャンネル登録者数の合計は600万人以上で、動画の再生回数は合計で27億回にもなっています。
他者を寄せ付けないほどの、圧倒的な人気なのです。

もともと、ヒカキンさんはスーパーで働きながら、ヒューマンビートボックスの動画を自分のYouTubeチャンネルである「HIKAKIN」にアップしていました。

そんな中、2010年のある日、ヒューマンビートボックスでスーパーマリオブラザーズのテーマソングをアップした動画が世界中で大人気となり、一躍有名人になったのです。
当時、このニュースはアメリカのCBSでも、トップニュースとして取り上げられました。

また、2013年にはシンガポールで開催されたエアロスミスのライブにゲスト出演し、ステージ上でヒューマンビートボックスを披露しています。
日本人でエアロスミスとコラボしたのはB’zだけなので、ヒカキンさんの凄さが分かりますね。

関連記事

  1. アルバイト先で激怒!クレーマー金髪女とのトラブルとは?

  2. 江ノ島電鉄の料金や時刻表・フリーパスや路線図など

  3. pubgの設定や武器・スペックやチート・スマホやPCプレイを紹介

  4. マネーフォワードの使い方やログイン・安全性や退会など

  5. サーティワンのメニューや値段・店舗や営業時間・クーポンなど紹介

  6. 26歳から腰痛に悩まされるようになった私が取った選択

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。