ボーリングのルールや投げ方のコツ・カーブやスコアの付け方など紹介

「ボーリング」の1ゲームは、10個のフレームで構成されています。
1個のフレームには、2個のボックスがあります。
ただし、第10フレームだけは、3個のボックスです。

アメリカ方式では、左右一対になったレーンを使用し、フレームごとにレーンを交代して投球します。
競技をする者は、ストライクの場合を除き、第1~第9フレームまで各フレーム2球ずつ投げます。
第10フレームになると、ストライクまたはスペアの場合に限り、同一のレーンで3球投げることができます。
それぞれのゲームの得点は投球で倒したピンの数で計算され、10個のフレームの総合点数がスコアになります。

ボーリングのボールは、正確に手で投球しなくてはいけません。
競技者からボールが離れ、ファールラインを超えた時点で正しく投球されたとみなされます。

各フレームにおいて、第1回目の投球で10本のピンを全て倒した時は「ストライク」です。
ストライクになると、「×」の記号がフレーム内のファーストボックスに記されます。
ストライクが出た時の得点は10点で、さらに次の2投までのスコアが加算されます。
そのため、次のフレームの投球が終わるまで得点は計算できず、空白のままになります。

連続して3回ストライクが出た時は、「トリプル」または「ターキー」といいます。
この場合は、最初のフレームは30点となります。
このようにして、1ゲームにある10個のフレーム全てが12回のストライクだった場合は300点となり、パーフェクトゲームといいます。

得点は、競技者が正しくボールを投球し倒れたピンの数のみを計算します。
どのフレームも、投球者は正しいレーン、そして正しい投球順序で投球する必要があります。

関連記事

  1. アベイルの店舗や営業時間・通販やチラシ・コーデやインスタなど紹介

  2. フィギュアスケートの男子や女子・世界選手権やオリンピックの結果や日程

  3. サーティワンのメニューや値段・店舗や営業時間・クーポンなど紹介

  4. 警察官の女房のついた嘘がえげつなくて悲しい気持ちに

  5. 理不尽な上司への怒りと決別に向けての決意

  6. ヒカキンのツイッターや動画・年収や本名・マイクラなど紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。