ロレックスの人気や中古・オーバーホールなど紹介

時計業界を引っ張ってきた「ロレックス」は、早い段階から腕時計を実用化することに成功してきました。
時計の細部に至るまで改良を繰返して同一モデルを作り続け、“変わることのないデザインを貫く戦略”を立てることで、時計デザインの知名度と信頼を向上させることができました。
その結果、ロレックスには人気のモデルがたくさんあります。

「20年前に新品で買ったロレックスを売却したら、購入した時の金額以上になった!」という声もあります。
これは極端ですが、ロレックスは間違いなく中古市場でも人気の高いブランドといえます。

状態の良いロレックスだと、新品価格と中古価格との差が10万円以内という場合もあります。
また、一般的には古くなるに従って価値は下がりますが、生産が終了したモデルの場合は、当時の販売価格よりも中古価格の方が上回るケースも出てきます。
ロレックス製品全体を他社の製品と比べてみると、価値においてはロレックスの方が有利であるようです。

言い換えると、モデルによって差はありますが、ロレックスは資産的な価値が高いといえます。

さらに、ロレックスの資産的な価値の高さは、一過性ではなく安定しています。
そのため、将来的に売却しようとする場合でも、他社製品より評価額に期待が持てます。
もちろん100%保証されているわけではありませんが、“過去も現在でも資産的な価値が高い”というのは、ゆるぎない事実です。
私たちにとって、“未来も資産価値が高い”であろうと思わせる安心感があります。

高級な時計は趣味性が高いため、“ロレックス=嗜好品”という印象があります。
一方では、評価の高いモデルの場合は、“ロレックス=資産”ともいえます。
つまり、ロレックスは“趣味としての時計であり、同時に資産でもある”のです。

今まで築き上げてきた信頼と知名度があるため、“高級時計=ロレックス”という世界共通の認識が広く浸透しているのです。

関連記事

  1. pubgの設定や武器・スペックやチート・スマホやPCプレイを紹介

  2. ウブロの時計の中古や芸能人・モデルなど紹介

  3. フィギュアスケートの男子や女子・世界選手権やオリンピックの結果や日程

  4. ダーツのルールや距離・投げ方やコツ・ハイブやバレル・ライブなど紹介

  5. アルバイト先で激怒!クレーマー金髪女とのトラブルとは?

  6. アベイルの店舗や営業時間・通販やチラシ・コーデやインスタなど紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。