江ノ島電鉄の料金や時刻表・フリーパスや路線図など

たくさんの観光客のいる鎌倉や湘南方面に旅行をする時には、江ノ島電鉄の利用がおすすめです。
風情豊かな雰囲気を味わいながらの移動は、とても人気があります。

江ノ島電鉄株式会社では、電車事業の他にもバス事業もしており、人気の観光地における交通アクセスを担っている重要な存在です。
江ノ島電鉄は「江ノ電」との愛称で親しまれており、鎌倉から海岸線を通って江ノ島を経由しながら藤沢まで走っています。

和田塚駅から由比ヶ浜駅の区間は、低速で住宅街の中を走る全国的にも珍しい区間です。
線路の両脇には民家が建ち、その間を縫うように通るため、鉄道ファンからも人気があります。

鎌倉を出発して終点の藤沢まではおよそ33分の所要時間で、江ノ島駅までは23分かかります。
鎌倉から藤沢までの運賃が300円で、そのリーズナブルな運賃が魅力的です。

また、通勤や通学に利用される定期券販売も行われています。
定期券の種類は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の単位があり、割引価格で買えるため、地元に住む方々にとっては定期券がお得です。

毎年、6月から7月には沿線沿いアジサイの花が咲き、その間を通る江ノ電を撮影するために多くの観光客や撮り鉄が集まります。
アジサイはもちろん、住宅街や海など次々と風景が変わる車窓は飽きません。

鎌倉駅発の始発運転は5時47分で、最終の終点藤沢行き運転は23時3分発です。
それ以降になると、23時32分発は江ノ島駅まで、23時55分発は稲村ヶ崎までで、これが終電です。
路線図や時刻表などの詳細情報は、江ノ島電鉄のホームページで確認できるため、観光などで江ノ電を使う際には、予めダウンロードしておくのがおすすめです。

また、江ノ電1日乗り放題のお得なチケット「のりおりくん」も販売されてます。
江ノ電をお得に利用したい方は、お得チケットの情報をホームページで確認してみてください。

目的地へ向かう時にバスを利用する時には、「NAVITME」と「ジョルダン」が便利です。

関連記事

  1. アベイルの店舗や営業時間・通販やチラシ・コーデやインスタなど紹介

  2. pubgの設定や武器・スペックやチート・スマホやPCプレイを紹介

  3. 佐川急便の料金や日数・集荷や再配達や追跡・営業所など紹介

  4. ステーキ宮の店舗やメニュー・ランチやクーポン

  5. 警察官の女房のついた嘘がえげつなくて悲しい気持ちに

  6. ヒカキンのツイッターや動画・年収や本名・マイクラなど紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。